転職のコツ|面接

転職のコツ|面接 - 派遣スタッフとして看護師転職をお考えの方へ

転職のコツ|面接

転職を希望し書類審査で合格した次に待っている関門は、面接です。
転職成功の次なるカギになる面接は、応募先の採用担当者及び看護部長さんなど仕事に従事した際に実際にお世話になる方々と顔を合わせる場になります。
第一印象が悪ければ、面接もうまくいかないなんて事も多々あります。
転職に成功する為の大きなカギとなる面接を、どのように乗り切るといいでしょうか?

まず面接に望む前に、いくつか大切な事を抑えておきましょう。
応募した病院や施設などの情報を、ホームページなどがあればチェックしておくといいでしょう。
質問された際にしっかり答えられるよう、確認しておくのはマナーの1つだと思います。
時間に遅れないように、当日の交通ルートと所要時間を把握しておきましょう。
先方から指定された時間より10~15分位前に到着するよう、余裕を持って行動しなければいけませんね。
身だしなみも、もちろんしっかりしなければいけないでしょう。
もしものアクシデントの為に、替えのストッキングなど持参する事も大切かと思います。
また、質問に簡潔に答えられるよう、自分の経歴や今まで従事してきた業務内容についてはしっかりまとめておき練習しておくと良いかと思います。

面接当日は職員の方を初め患者さんや利用者さんとお会いした際は挨拶するのはもちろんの事、邪魔にならないよう心かける事も大切です。
携帯やスマートフォンは、会場に入る前に電源を切るかマナーモードにする事を忘れないようにしましょう。
入退室の際は挨拶を忘れずに、ドアを閉める際は後ろ手にならないよう一度振り返って静かに閉めるよう心かけて下さい。
面接中は敬語を使うのはもちろんの事ですが、適切な言語を使うようにしましょう。
看護師と言う仕事で求められる人柄は、元気で明るく周りに温かさを与えられる人だと思います。
緊張するとは思いますが、笑顔を絶やさずに明るくハキハキと質問に答えられると好印象を与えられるのではないかと思います。